キーワード/健康行動、行動変容、アドヒアランス、身体活動・運動、メンタル・ヘルス、ストレス・マネジメント、保健指導、動機づけ
専門分野/専攻分野:健康心理学、応用健康科学、行動変容

学会に向けて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、D1の渡辺です。今週末に開催する「2018年日本健康心理学会第31回大会・日本ヒューマン・ケア心理学会学術集会第20回大会合同大会(6月23日〜6月24日@京都橘大学)」に向けて、シンポジウムやポスター発表の準備をしています。今年度最初の学会ということで、本日は白熱した院ゼミ後の研究室で、素麺ランチ(*)決起集会を開きました。

*素麺ランチとは、「研究生活において、いかにQOLを高めるか」という施策の一貫として実施された「素麺ランチ」のことを指す。

竹中先生

Takenaka, K. (2018). Mental Health Promotion through Branding Strategies in Japan, ICA 2018 Symposia: The next move for Health Psychology in Asia: Theory to Practice.

Enda, S. & Emer, C. (2017).  Little Things – making a big difference to promoting positive mental health, International Journal of Integrated Care, 17(5), 1-8.

梶原さん(M2)

Stratton, E., Lampit, A., Choi, I., Calvo, R.A., Harvey, S.B., & Glozier, N. (2017). Effectiveness of eHealth interventions for reducing mental health conditions in employees: A systematic review and meta-analysis. PloS one, 12(3), https://doi.org/10.1371/journal.pone.0189904.

ウェイリン(M1)

Chan, C., Driscoll, T., & Ackermann, B. (2013). Development of a specific exercise programme for professional orchestral musicians, Injury Prevention 2013, 19, 257-263, https://doi.org/10.1136/injuryprev-2012-040608.

高木さん(M1)

Leka, S., & De Alwis, S. (2016). Work, Life and Personality: The Relationship Between the Big Five Personality Traits and Work-life Conflict, South Asian Journal of Management, 23(4), 31.

吉田さん(科目等履修生)

Erkoc, S. B., Isikli, B. Metintas, S., Kalyoncu, C. (2012). Hypertension Knowledge-Level Scale (HK-LS9: A Study on Development, Validity and Reliability Public Health, 9, 1018-1029, https://doi.org/10.3390/ijerph9031018.

渡辺(D1)

Seginer, R. (2008). Future orientation in times of threat and challenge: How resilient adolescents construct their future, International Journal of Behavioral Development, 32(4), 272-282.

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

学校ポジティブ教育で用いる児童用資料

検索