キーワード/健康行動、行動変容、アドヒアランス、身体活動・運動、メンタル・ヘルス、ストレス・マネジメント、保健指導、動機づけ
専門分野/専攻分野:健康心理学、応用健康科学、行動変容

E-school生の卒論発表会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本日は,e-school生の卒論発表会でした。わが研究指導からは,2名の発表があり,お二人とも立派な発表でした。お一人は,管理栄養士の石川さん,高齢糖尿病患者から聞き取り調査を行い,食事管理のバリア要因と促進要因について性や独居の有無などによって差が見られるのかの研究でした。もうお一人は,介護の複合施設にお勤めの看護師さん,菊池さんで,彼女は,軽度介護者の生活目標を「買い物」に定め,その目標に向けて施設での取り組みを展開され,評価をしていました。いずれも仕事で得た問題意識を研究に結びつけたもので立派でした。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

以下の動画は,早稲田大学応用健康科学研究室(代表:竹中晃二)が製作したものです。イベントなどでお使いの場合は,その旨を明示してお使いください。

学校ポジティブ教育で用いる児童用資料

検索