キーワード/健康行動、行動変容、アドヒアランス、身体活動・運動、メンタル・ヘルス、ストレス・マネジメント、保健指導、動機づけ
専門分野/専攻分野:健康心理学、応用健康科学、行動変容

4月20日研究会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!D3の周です。桜が散ったあと周りを見渡せば,いつの間にか緑の量が多くなっていることにハッとした。これから清々しい気候と新緑の中を楽しめますね。

さて,今日も楽しく研究会を実施ました。

竹中先生

Mok, K., Donovan, R., Hocking, B., Maher, B., Lewis, R., & Pirkis, J. (2016). Stimulating community action for suicide prevention: findings on the effectiveness of the Australian RU OK? Campaign. International Journal of Mental Health Promotion18(4), 213-221.

吉田さん

Rinaldi-Miles, A., Das, B. M., & Kakar, R. S. (2019). Evaluating the effectiveness of implementation intentions in a pedometer worksite intervention. Work64(4), 777-785.

ウェイリンさん

Bol, N., Smit, E. S., & Lustria, M. L. A. (2020). Tailored health communication: Opportunities and challenges in the digital era. Digital health6, 2055207620958913.

石川さん

Schroé, H., Carlier, S., Van Dyck, D., De Backere, F., & Crombez, G. (2022). Towards More Personalized Digital Health Interventions: A Clustering Method of Action and Coping Plans to Promote Physical Activity.

佐藤さん

Tennant, R., Hiller, L., Fishwick, R., Platt, S., Joseph, S., Weich, S., … & Stewart-Brown, S. (2007). The Warwick-Edinburgh mental well-being scale (WEMWBS): development and UK validation. Health and Quality of life Outcomes5(1), 1-13.

Reavley, N., & Jorm, A. F. (2010). Prevention and early intervention to improve mental health in higher education students: a review. Early intervention in psychiatry4(2), 132-142.

今週金曜日と来週月曜日吉田さんとウェイリンさんの博士論文中間報告会が開催されます。吉田さん,ウェイリンさん,頑張ってください!皆で応援します。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

以下の動画は,早稲田大学応用健康科学研究室(代表:竹中晃二)が製作したものです。イベントなどでお使いの場合は,その旨を明示してお使いください。

NEW

学校ポジティブ教育で用いる児童用資料

検索