キーワード/健康行動、行動変容、アドヒアランス、身体活動・運動、メンタル・ヘルス、ストレス・マネジメント、保健指導、動機づけ
専門分野/専攻分野:健康心理学、応用健康科学、行動変容

ようこそ!竹中研究室WEBサイトへ

私たちは、生活習慣病予防に果たす健康行動全般に関わる
心理・行動科学的研究を行っております。

その焦点として、
1)決定因(背景分析)
2)成果(心理 ・生理学的効果の検証)
3)介入(採択・継続のための効果検証)を 3本柱としています。
(詳しくはこちらをご覧ください)

ただいま大学院生募集中!! 詳しくはこちらをチェック

トレーニング再開の決意表明

こんにちは,鈴木です. 最近ぐーんと涼しくなりましたが,昨日は暑かったですね. 暑さが恋しいなんて思っていましたが, いざ30℃を超えると今度は涼しさが恋しくなってしまいました. 以前トレーニングの回数ががくっと減ってしまったというお話を書いてから 大分経ちますが,恥ずかしながらそ…

どうよ

日本健康心理学会2日目のシンポジウム

今週,土・日曜日に開催される日本健康心理学会(桜美林大学)2日目午前10時からのシンポジウムです。…

playmaker1 playmaker2

ゼミ合宿用シャツが完成

今夏のゼミ合宿用、また介入プロジェクトで着用するシャツが完成しました。 モデル:小沼佳代(博士課程院生)…

11892204_524430147714006_7769066243331090061_n

岩手日報にスモールチェンジ関連記事の掲載

スモールチェンジ新聞の発行など、私たちと共同で健康づくり介入を行っている全国健康保険協会岩手支部のカリスマ保健師、千葉小香枝さんの記事が岩手日報に掲載されました.写真もなかなかいいですね。…

header

もうすぐ9月

こんにちは。小沼です。 すっかり、暑さが落ち着き、もう夏も終わりですね。 今年の夏は、国際学会へも行かず、時間があるはずだったのですが、 あああ、いつの間にか9月になりますね。 宣言通り、投稿論文書いてます。 いろいろ迷走したけれど、結局、やりたいことはかわってないなーと気づいた201…

健心シンポ

児童の健康行動変容を意図した エキスパートシステムの開発

後期の講義が始まる前に、これから学会が3つあります。2つめの日本健康心理学会第28回大会(9月5、6日桜美林大学)では、子どもの健康についてのシンポジウムで話をします。 この研究は、小平市小学校の養護教諭6名の先生方との共同研究で、児童の健康行動8項目(運動、睡眠、食事手洗い・うがい、歯磨き、姿勢…

ときがわStre

ときがわ町スモールチェンジ・ストレッチ普及会でFGI

本日は、ときがわ町スモールチェンジ普及会が開催されました.この普及会というのは、スモールチェンジ・ストレッチの講習を受講し、普及委員になった方が定期的に行う練習会のことです。ストレッチの内容を忘れないように,そして教え方を練習するというのが目的です。普及委員の方は、どこどこの会に何名、どこどこのイベ…

こころのABC活動

e-learning:うつ予防に動き出したメンタルヘルス・プロモーション

現在、研究室では,メンタルヘルス・プロモーションについて、e-learning化をはかっています。 その準備として、プロモーションビデオを作成してもらいました。パート1からパート3まで、少し長いのですが,興味ある方はご覧下さい。 ただ、こうやって聞いてみると,自分の「こもり声」がストレスになって…

IMG_1593-1

埼玉県教職員対象のこころの講座

昨日は,昨週に続き2回目の講座でした。前回は,前部分に人がおらず、皆さん後ろに集まっておられたので、仕方なく観客席に降りて話をしましたが、今回は,席を限定してすわっていただけていたので舞台の上から話をすることができました。先週の反省に立って、話の構成も少し変えてみました。メンタルヘルス問題は,気がつ…

image1

夏休み

こんにちは。小沼です。 8月1日から、大学は夏休みです。 研究会やゼミは、しばらくおやすみです。 4年生は、就活を行いながら卒業研究の準備を進めています。この時期にどれだけ進められるかが重要ですね!! 私は、春学期におこなった研究をまとめて、2編くらい論文を投稿したいなーと、思っています…

プロフィール

プロフィール画像
早稲田大学
教授
竹中晃二
1952年:大阪に生まれる
1999年4月~:早稲田大学大学院人間科学研究科博士後期課程健康科学専攻で研究指導を担当
Doctor of Education(Boston University)
博士(心理学)(九州大学)

お知らせ

検索