キーワード/健康行動、行動変容、アドヒアランス、身体活動・運動、メンタル・ヘルス、ストレス・マネジメント、保健指導、動機づけ
専門分野/専攻分野:健康心理学、応用健康科学、行動変容

ACSM,3名の発表終了

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本日,午前中に斉藤さん,島崎くんのポスター発表が終わり,昨日午後に行われた,私のテーマティック・ポスター発表とあわせてうちの研究室の発表は終了しました.明日は,一昨年に博士号を取得した満石くんの発表が明日あります.

斉藤さん,島崎くんの発表とも結構な人が来て質問をしていました.私のテーマティック・ポスター発表は,あるテーマに共通する発表を6題集めて,最初の30分にポスターを皆さんに見てもらい,それぞれ質問を受け,その後,各自が口頭で発表して質問を受けていくという2時間枠の発表形式です.こういう発表形式もいいなと思いました.ACSMは,事前に抄録やプログラムが電子版で見れるようになっていたり,発表内容もシンポやキーノートだけでなく,様々に区分けされた内容があります.日本の学会に,すべてを適用できないものの,いくつかの形式は取り入れて大会の活発化に貢献するすることができるなと思いました.

シンポジウムは結構聞き応えのあり,また内容が詰まったものが多く,私たちの研究に役立つと思いました.

とりあえず,無事終了し,ほっとしているところです.院生,2人とも積極的に話していて,たのもしく思いました.以上,ご報告まで.

20120601_03

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

学校ポジティブ教育で用いる児童用資料

検索