キーワード/健康行動、行動変容、アドヒアランス、身体活動・運動、メンタル・ヘルス、ストレス・マネジメント、保健指導、動機づけ
専門分野/専攻分野:健康心理学、応用健康科学、行動変容

大学院修士課程 応用健康科学特論スクーリング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本日は、大学院修士課程のオンデマンド授業「応用健康科学特論」の締めとして、スクーリングが行われました。

発表は今まで、オンデマンド授業で学んできたことをもとにプログラム開発をするというもので、

「育児ストレス低減プログラム」
「妊婦の禁煙のためのプログラム」
「もっと柔らかくしなやかに!柔軟性向上プログラム」
「歩数アップでモテ男、イケダンを目指そうプロジェクト」
の4演題の発表がありました。

様々な専門分野の方がいらっしゃる人間科学研究科の特徴が活かされた、非常に興味深い発表会でした。

もっと視野を拡げて、様々な分野の方々のご意見をうかがう機会を大切にしたいなと思いました。

これで、本年度の「応用健康科学特論」の授業が終わります。竹中先生、お疲れ様でした。

文責:M1小沼

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

学校ポジティブ教育で用いる児童用資料

検索