キーワード/健康行動、行動変容、アドヒアランス、身体活動・運動、メンタル・ヘルス、ストレス・マネジメント、保健指導、動機づけ
専門分野/専攻分野:健康心理学、応用健康科学、行動変容

新たに「博士(人間科学)」が誕生

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本日の大学院人間科学研究科運営委員会(博士課程指導担当者)において,私たちの研究室における2名の博士論文が合格しました.

飯尾美沙:小児気管支喘息患者を対象としたテイラー化教育プログラムの開発および効果の検証

細井俊希:行動科学に基づいた高齢者への運動指導方略の検討

私たちの研究室から,新たに「博士(人間科学)」が誕生することになります.本当に長い間ご苦労様でした.

ただ,研究者の生活は終わることがない毎日です.自分を動機づけるために必要なことは,好奇心だと思います.今後に期待しています.

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

学校ポジティブ教育で用いる児童用資料

検索