キーワード/健康行動、行動変容、アドヒアランス、身体活動・運動、メンタル・ヘルス、ストレス・マネジメント、保健指導、動機づけ
専門分野/専攻分野:健康心理学、応用健康科学、行動変容

第14回日本健康支援学会年次学術大会にて教育講演

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 昨日は,京都市の同志社大学で開催された第14回日本健康支援学会年次学術大会において教育講演をしてきました.タイトルは,「子どもの身体活動ガイドライン:成果目標ではなく行動目標の必要性」です.
 体力づくり,肥満予防しか叫ばれていない子どもの身体活動・運動の奨励を,他の成果も見せることで多様化させるという話をしました.
 夜は,院生と一緒に,京都だ,という居酒屋さんに行って楽しみました.

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

学校ポジティブ教育で用いる児童用資料

検索