キーワード/健康行動、行動変容、アドヒアランス、身体活動・運動、メンタル・ヘルス、ストレス・マネジメント、保健指導、動機づけ
専門分野/専攻分野:健康心理学、応用健康科学、行動変容

桜美林大学の集中講義終了,でもまだ続く夏.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本日、桜美林大学大学院の集中講義「ライフスタイル特論」3日間が終了しました.受講生は、3日間の朝から夕方まで熱心に聞いてくれてありがたかったです.皆さんの研究に何かのヒントになれば幸いです。

さて,私の夏はまだ終わりません。今夏は、outputばかりでinputがわずか,すべての学会が終わっているので秋にはinputしなければと反省しています。

残る予定は・・・.27日は後期講義の開始,終わってから小児保健協会学術集会のワークショップに駆けつけます。

9月17日
健康づくり事業推進指導者養成研修
「スモールチェンジ健康行動を材料とした普及啓発活動」
9月18~19日
全国健康保険協会岩手支部にて打ち合わせ
9月24~26日
志賀高原にてゼミ合宿:もう寒そう!
9月27日
第60回小児保健協会学術集会ワークショップ 1
「子どもを元気にする運動・スポーツのあり方について」
座長 福永 哲夫(鹿屋体育大学)・田畑泉(立命館大学スポーツ健康科学)
下光 輝一(東京医科大学名誉教授)
中村 和彦(山梨大学大学院教育学研究科)
竹中 晃二(早稲田大学人間科学学術院)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

学校ポジティブ教育で用いる児童用資料

検索