キーワード/健康行動、行動変容、アドヒアランス、身体活動・運動、メンタル・ヘルス、ストレス・マネジメント、保健指導、動機づけ
専門分野/専攻分野:健康心理学、応用健康科学、行動変容

Bao教授,母国へ帰国

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内モンゴルから1年間の予定で研究に来られていたBao教授が今夜帰りました.今夜は,成田空港の近くに泊まり,明日の早朝に帰国するとのこと,最後のお別れをしました.

思い起こせば,どういう人かわからないまま引き受けて,当初は大丈夫かなと心配しましたが,研究に関して熱心で院生ともすぐに打ち解け,よい方に来てもらったと思っています.

私も単身赴任で行った2回の外国暮らしの終わり,帰国時のうれしさと寂しさを思い出しました.

来月は,私と島崎が内モンゴルにお邪魔します.今後,向こうのヘルスプロモーションに少しでも貢献できればと思うのですが,まずは見てみないことには様子もわからず,といったところです.来月会えるので.

話は変わりますが,李さんの英文誌論文がアクセプトされました.李さん,もう一息がんばってください.

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

以下の動画は,早稲田大学応用健康科学研究室(代表:竹中晃二)が製作したものです。イベントなどでお使いの場合は,その旨を明示してお使いください。

学校ポジティブ教育で用いる児童用資料

検索