キーワード/健康行動、行動変容、アドヒアランス、身体活動・運動、メンタル・ヘルス、ストレス・マネジメント、保健指導、動機づけ
専門分野/専攻分野:健康心理学、応用健康科学、行動変容

内モンゴルでのヘルスコミュニケーション介入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内モンゴル師範大学から訪問者2名が2014年度の共同研究についての話し合いのために研究室を訪問しました.1名は,昨年度,訪問学者として,うちの研究室に1年間滞在されていたバオ教授,もう1名のトク先生は,モンゴル医学の医者で,大学教員と兼業で内モンゴル自治区の学校における健康教育についての責任者を務めています.昨日は,内モンゴルにおける健康関連情報や中国の学校事情,家庭の様子などを詳しく聞き取りました.学校における健康行動変容授業やメンタルヘルス・プロモーションなど,今後,実践できる可能性はあります.昨日の話をまとめ,明日は復習と具体的な研究計画について話し合う予定です.

寿司屋で

寿司屋で

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

学校ポジティブ教育で用いる児童用資料

検索