キーワード/健康行動、行動変容、アドヒアランス、身体活動・運動、メンタル・ヘルス、ストレス・マネジメント、保健指導、動機づけ
専門分野/専攻分野:健康心理学、応用健康科学、行動変容

Routledge Companion to Sport and Exercise Psychology発刊

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国際スポーツ心理学会が刊行したRoutledge Companion to Sport and Exercise Psychology: Global perspectives and fundamental conceptsが発売されました。

私の担当は,Chapter 50で,企業や自治体の身体活動増強を意図した通信教育プログラムについて,それらの参加者リクルートメントから評価までを解説しました。全文英文ですが,イラストなどは日本語も入っていて,オリエンタルムードも漂っています。とてもぶっとい本,しかも高額なので,図書館等に依頼して,どうぞ購入頂ければと思います。
20140402_02

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

以下の動画は,早稲田大学応用健康科学研究室(代表:竹中晃二)が製作したものです。イベントなどでお使いの場合は,その旨を明示してお使いください。

学校ポジティブ教育で用いる児童用資料

検索