キーワード/健康行動、行動変容、アドヒアランス、身体活動・運動、メンタル・ヘルス、ストレス・マネジメント、保健指導、動機づけ
専門分野/専攻分野:健康心理学、応用健康科学、行動変容

先週からあったこと・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

暑い日が続きます.
先週末は,暑い大阪で日本ストレスマネジメント学会が開催され,参加してきました.大会会長の三戸先生の講演を大変興味深く聞きました.三戸先生によれば,家庭の中にあったものがどんどん外にでていってしまって,家庭という存在が希薄になっていることを説明されました.子どものいじめ予防についてのシンポジウムも,学校で実際に実践されており,いろいろなところに工夫がなされている内容で大変感銘を受けました.それに比べて,ちょっと残念だったのは,EAP会社の人の発表で,何か商品の売り込みのようで,この分野では,今後,会社の経営陣と対等の立場で,しかも会社の中の対応組織と連携して行わない限り,いかにも丸投げ方式ではうまくいかないだろうな,職場のストレス対処は難しいだろうなという印象を受けました.EAPの必要性はよくわかるのですが,大学発のベンチャーのように,EAP会社として利潤を追求するという単なる商売とは違う観点を持つ組織がもっとでてくれば,見えてくるものが変わるのかな,また全体的によくなるのかなあと思いました.

昨日は,保健師さんらを対象にした講演講師で,早朝に家をでて茨城県筑西市に行ってきました.前の日に大阪から帰ってきてインターネットでちょこちょこと交通経路をチェックして,それに従って行ったのですが,恥ずかしい話,私は関東の地理に疎く,途中でひょっとして別の場所に来てるんじゃないかと不安になってしまいました.経路に示されたまま栃木県小山にまで来て,あれっ,今日行くところは茨城じゃなかったの?ととんちんかんの私でした.短い時間の講演会でしたが,終了後は非常に大事にされ,帰りの駅の改札まで見送っていただきました.普段,家庭でも大学でも大事にされていない私(?)には照れくさいひとときでした.どうもありがとうございました.

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

以下の動画は,早稲田大学応用健康科学研究室(代表:竹中晃二)が製作したものです。イベントなどでお使いの場合は,その旨を明示してお使いください。

学校ポジティブ教育で用いる児童用資料

検索