キーワード/健康行動、行動変容、アドヒアランス、身体活動・運動、メンタル・ヘルス、ストレス・マネジメント、保健指導、動機づけ
専門分野/専攻分野:健康心理学、応用健康科学、行動変容

ヨーロッパ健康心理学会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 院生らの発表に関しては,日本でよりも「うける」という感じです.というか,日本ではストレス関連の研究が健康心理学の中心ですが,こちらでは健康行動が中心,つまり視点が違うなあと実感しています.日本に帰ったら,「本当の?」健康心理とは何かを伝える必要があると思いました.
 本日は私の発表です

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

学校ポジティブ教育で用いる児童用資料

検索