キーワード/健康行動、行動変容、アドヒアランス、身体活動・運動、メンタル・ヘルス、ストレス・マネジメント、保健指導、動機づけ
専門分野/専攻分野:健康心理学、応用健康科学、行動変容

卒論提出まで1ヶ月くらい!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。小沼です。

あっという間に12月。
e-schoolの卒論提出は1月8日から19日、学部は1月16日です。
もうあと約1ヵ月後に迫ってきています。
がんばれー。

さて、本日の研究会のご報告です。

竹中先生
 研究進捗

島崎先生
 研究進捗
 Dahlstrom, M. F. (2014).
Using narratives and storytelling to communicate science with nonexpert audiences. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 111, 13614-13620.

李さん
 Howard J, McInnes K. (2012).
The impact of children’s perception of an activity as play rather than not play on emotional well-being.
Child: care, health and development, 39, 737-742.

小沼
 研究進捗
 Livneh, H., Lott, S., Antonak, P. (2004).
Patterns of psychosocial adaptation to chronic illness and disability : A cluster analytic approach.
Psychology, Health and Medicine, 9, 411-430.

1年前は、修論が終わらず、いつの間にか新年になっていました。
今年は、落ち着いて、新年を迎えられるのでしょうか!?

(文責:D1 小沼)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

学校ポジティブ教育で用いる児童用資料

検索