キーワード/健康行動、行動変容、アドヒアランス、身体活動・運動、メンタル・ヘルス、ストレス・マネジメント、保健指導、動機づけ
専門分野/専攻分野:健康心理学、応用健康科学、行動変容

仕事始めはブランディング論文から

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今年の仕事始めは,公衆衛生ブランディングの論文を読み直すことから始めています。公衆衛生ブランドは,健康行動やライフスタイルが商業マーケティングの商品・サービスに相当し,ブランド資産価値には,ロイヤリティ(顧客の忠誠心),アイデンティフィケーション(一体感・愛着),パーセプション(認識)が関係し,とすでに混乱。英文の用語だけでなく,その意味をネットで確認するしんどさ。スモールチェンジやこころのABC活動は,まさに公衆衛生ブランドなのですが,もう一息,ブランド資産価値を高める必要があります。そういえば,コダイラスロンは,よいブランドになっています。

皆様,今年もよろしくお願いします。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

学校ポジティブ教育で用いる児童用資料

検索