キーワード/健康行動、行動変容、アドヒアランス、身体活動・運動、メンタル・ヘルス、ストレス・マネジメント、保健指導、動機づけ
専門分野/専攻分野:健康心理学、応用健康科学、行動変容

卒論・修論のシーズン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

例年のことですが,卒論の提出が1月8日,修論の提出がその翌週ということで,皆さんおしりに火がついてがんばっています.なかでも,アイスホッケーの全日本学生選手権のために他県で合宿を行う2名の卒論生は,特別の許可をもらって,本日無事卒論を提出しました.彼らが行ってきた,ここ1週間の不眠不休の作業ぶりはたいしたものでしたし,それを支える院生の奮闘努力ぶりも凄いものでした.感謝!

研究は一人ではできないし,人から教えてもらうことも結構あります.結局は経験者に教えを請うことになります.それが受け継がれて行って,皆さんが育って行きます.そういうのを見るとうれしくなります.

自分も人に育てられ,そして次は人の役に立つ,こう言えば格好はよいのですが,本当はみんな忙しくて自分のことにしか目がいかないものです.自分一人で大きくなったとは思わないように戒めながら,無理のない程度で他人のお役にたてる仕事をしていきたいものです.

明日は,健康行動のキャンペーンについての内輪のミーティングで都内に行きます.最近はこちらのことばかり,頭から離れず,自分でもしんどくなります.子どもの時から,「欲しい,欲しい」と思ったらそればっかり・・・・という自分の性格がいまも変わらず引きずっているのです.

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

学校ポジティブ教育で用いる児童用資料

検索