キーワード/健康行動、行動変容、アドヒアランス、身体活動・運動、メンタル・ヘルス、ストレス・マネジメント、保健指導、動機づけ
専門分野/専攻分野:健康心理学、応用健康科学、行動変容

沖縄の日本国際協力センター:保健医療の教育メディア研修

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本日,沖縄からもどってきました.今月10日に沖縄入り,11,12日と2日間の研修を行ってきました.今回で4回目ですが,直前まで他の仕事で忙しく,前々日に資料を送るのが精一杯の状態で,リハーサルもできないで現地入り,さすがに不安でしたがなんとか終了しました.

今回の研修員は,ボツワナ,中国,グアテマラ,ヨルダン,マーシャル諸島,メキシコ,ナミビア,ニジェール,タンザニア,イエメンからという顔ぶれで,皆さんそれぞれの国で保健医療分野を中心にしっかりとしたポジションで働いておられる人ばかりでした.どこまでご理解いただけたのかは,正直,私の会話力の乏しさもあって不安ではありますが,それぞれのトピックにはみなさん興味を示していただけたという感触を確実に持てました.

行動変容の難しさは,対象がエイズであろうとマラリアであろうと予防行動,検出行動にはつきまとう問題であり,誰もが共通して悩んでいることがよくわかりました.また,健康行動には,文化差だけでなく宗教の問題も深く関わっており,何が良い悪いと私たちの価値観だけで単純には決めることができないということも今回は特に考えさせられました.

沖縄JICE教育メディア技術研修チームのスタッフの皆さんには大変お世話になり,「来る者拒まず,去る者追わず」のおおらかな沖縄精神に感銘を受けました.マグロの刺身とフーチャンプルのおいしいいつものお店,ママさんにも感謝です.

さて,一安心して次の仕事にかかることにします.

こんな感じで・・・

こんな感じで・・・

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

学校ポジティブ教育で用いる児童用資料

検索