キーワード/健康行動、行動変容、アドヒアランス、身体活動・運動、メンタル・ヘルス、ストレス・マネジメント、保健指導、動機づけ
専門分野/専攻分野:健康心理学、応用健康科学、行動変容

生態学モデル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 こちらバンクーバーに来て2週間がたちました.ブリティシュ・コロンビア大学のキャンパスも郊外にあり,海のすぐ横ということで大変きれいです.ただ,目が慣れてきたのでしょうか,だいたいのことが目新しくなくなってきています.しかし,いつも思うことは環境って大事だなということです.土・日曜日には,入り江やスタンレーパークのseawall(海岸沿いに設けられた歩行者・ジョガー専用路,および自転車・ローラーブレード専用路)には多くの人々が思い思いの格好で「からだを動かす」姿が見られます.町の中の道路にも自転車専用道路があり,芝生の緑,水辺の美しさ,移動するヨットやボート,小型のフェリー,高層アパートなどの建物の景観がきれいです.法律や規制によって,人が健康的に動ける環境が整っていることがよくわかります.環境が人の行動に影響を与え,行動している人を見ることで,また新しい行動実践者が増えていく,まさに生態学モデルが生きています.

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

学校ポジティブ教育で用いる児童用資料

検索