キーワード/健康行動、行動変容、アドヒアランス、身体活動・運動、メンタル・ヘルス、ストレス・マネジメント、保健指導、動機づけ
専門分野/専攻分野:健康心理学、応用健康科学、行動変容

evacuation(建物閉鎖)が解除されました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回の書き込みでお伝えしましたが,地下室で建設作業員が誤って何かを配合したためにガスが発生し,異臭の訴えでファイアーレスキューが来た事をお伝えしました.その日は建物に入れず,翌日の朝に復帰しました.しかし,午後になってから,また警報が鳴って,それ以降,ここ1週間の間,バンクーバー市がビルのテナント(いくつかの会社と私みたいな住人)に立ち入り禁止命令を出しました.当初は,このガスの成分が特定されず,専門家によって実験室での検査,そして建物内での検査が続き,本日,どうも午後になってから禁止命令が解除されるそうです.当初は,楽観視していましたが,会社も住人もこんなに長くなるとは思わなかったのでしょう,ミーティングのたびに不満たらたら,健康への不安やら保証の保険やらで質問が相次ぎました.

そんな中,バンクーバー・カナックスのオープン戦を観に行ってきました.アイスホッケーはカナダ一番の人気とあって,地元カナックスへの応援は半端なものではありません.アイスホッケーといえば,卒論生にアイスホッケー部にはいっている学生がいましたので,一度試合を観に行っただけでしたが,本場のプロの迫力はすごいものです.グローブを脱いで殴り合いになると観客は総立ち,ゴールがはいるとすごい拍手,ピリオドの合間にロック演奏など盛り上げる仕掛けが随所にありました.

さて,水曜日に帰国します.2ヶ月という短い滞在でしたが,evacuationもそうですがいろいろと経験できたバンクーバーでした.

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

学校ポジティブ教育で用いる児童用資料

検索