キーワード/健康行動、行動変容、アドヒアランス、身体活動・運動、メンタル・ヘルス、ストレス・マネジメント、保健指導、動機づけ
専門分野/専攻分野:健康心理学、応用健康科学、行動変容

博士学位論文審査会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日,午後4時からD3の満石寿(題目:若年禁煙者のラプス予防に関する研究)が,そして5時半から,同じくD3の藤澤雄太(題目:身体活動・運動量の増強を目的とした面接法の検討)両名の博士学位論文審査会(公開審査)が行われました.副査の先生方からはきびしいご質問,また貴重なご助言をいただきましたが,全体としては肯定的な反応であったと胸をなで下ろしています.今後はご指摘いただいた箇所について修正し,再度,副査の先生方に見ていただく作業が残っています.そのために,彼らはまだ気が抜けませんが,取りあえず学位論文作成後に1つの関門を抜けたというところです.
主査としても私の感想ですが,両名の発表はなかなかのもので頼もしく思いました.発表の準備をすることで,逆に論点や研究の流れが明確になったようで,それはそれで論文の修正に活かしていってほしいと思います.博士,特に課程博士の学位はあくまでも研究者としてのスタートラインですが,彼らが送ってきた3年間にまずはご苦労様と言い,今後の活躍に期待する次第です.ただ,まだ終わってはいません.

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

以下の動画は,早稲田大学応用健康科学研究室(代表:竹中晃二)が製作したものです。イベントなどでお使いの場合は,その旨を明示してお使いください。

学校ポジティブ教育で用いる児童用資料

検索