キーワード/健康行動、行動変容、アドヒアランス、身体活動・運動、メンタル・ヘルス、ストレス・マネジメント、保健指導、動機づけ
専門分野/専攻分野:健康心理学、応用健康科学、行動変容

本年最後のご挨拶:来年も好奇心を武器にして

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆様には本研究室の活動にご協力いただき,誠にありがとうございました.大学院生に関しましては,先日,前場が博士課程の公開審査が終了しましたし,修士院生は来年1月の修士論文提出に向けてがんばっているところです.他の院生も今年は論文を多く投稿し,それらは採択されて返ってきています.

私はといえば,相変わらず,いろいろなことに目が行って,自分が何かしたいという気持ちを抑えられずにいます.来年度は,宮城県女川で始めるメンタルヘルス・プロモーションのキャンペーンをソーシャルマーケティングを基にして実施して行くこと,埼玉県比企郡ときがわ町のソーシャルマーケティング・キャンペーンも続けていくことなど,今年度に種を植えて目を出した研究を実践に結びつけていければと思います.あと,できれば,少し視点の違う研究も始めたい,と違うことへの好奇心も少々あります.しんどいけれども楽しい研究,そういう年になればいいですね.

来年も,私たちの研究室に叱咤激励をいただき,一方でがんばれとつぶやきながら暖かく見守ってくださいますようにお願いします.

来年1月に,私編集の「運動と健康の心理学」が朝倉書店からでます.こちらもよろしくお願いします.論文も書きたいですね.

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

以下の動画は,早稲田大学応用健康科学研究室(代表:竹中晃二)が製作したものです。イベントなどでお使いの場合は,その旨を明示してお使いください。

NEW

学校ポジティブ教育で用いる児童用資料

検索