キーワード/健康行動、行動変容、アドヒアランス、身体活動・運動、メンタル・ヘルス、ストレス・マネジメント、保健指導、動機づけ
専門分野/専攻分野:健康心理学、応用健康科学、行動変容

夏の終わりに。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

秋分を迎え,吹く風もやっと秋めいてまいりました. 皆様いかがお過ごしでしょうか.
修士1年の小沼佳代です.

時が経つのは早いもので,28日から後期の授業が始まります.
授業は授業で,新しい知識を得ることができる素晴らしい時間なのですが,
先生や,先輩方からアドバイスをいただきながら,自分の研究関連のことに没頭できる夏季休業期間は,本当に有意義な時間でした.

日本健康心理学会では,シンポジウムやポスター発表を拝聴する中で,自分の考えを,もっと理論的に,分かり易く伝えられるようになりたいと思いました.また,はやく,新しいデータを,発表できるような形にしたいと意欲も湧きました.
ゼミ合宿では,改めて先輩方のプレゼンテーションの上手さに感動しました.
研究は,研究Ⅰとして,脳卒中患者の退院後の活動への意図と実際の活動性の調査をはじめました.

…と,とにかく頑張らなくてはいけないということです.
10月3日からは,研究会も始まります.後期も宜しくお願いいたします.

(文責:小沼)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

学校ポジティブ教育で用いる児童用資料

検索