キーワード/健康行動、行動変容、アドヒアランス、身体活動・運動、メンタル・ヘルス、ストレス・マネジメント、保健指導、動機づけ
専門分野/専攻分野:健康心理学、応用健康科学、行動変容

博論申請迫る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本日の研究会の発表内容は、以下の通りです。

小沼:Rhodes et al.
Moderators of the intention-behavior relationship in the physical activity domain: a systematic review.
British Journal of Sports Medicine 2012;1-13.

飯尾:Celano, et al.
Home-based family intervention for low-income children with asthma: A randomized controlled pilot study.
Journal of Family Psychology 2012;26:171-178.

李:Brockman et al.
What is the meaning and nature of activity play for today’s children in the UK?
International JOurnal of Behavioral Nutrition and Physical Activity 2011;8-15.

有田、島崎、斎藤:研究進捗発表

 さて、私事ですが、博士論文の申請時期が再来週に迫っています。およそ4年にわたって実施してきたいくつもの研究をまとめているため、ストーリーも大切になってきます。執筆は大方終えていますが、最後の考察や、最終修正に難航しています。
 早く再来週になってほしいような、なってほしくないような、複雑な心境の今日この頃です。

(文責:D3 飯尾)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

学校ポジティブ教育で用いる児童用資料

検索