キーワード/健康行動、行動変容、アドヒアランス、身体活動・運動、メンタル・ヘルス、ストレス・マネジメント、保健指導、動機づけ
専門分野/専攻分野:健康心理学、応用健康科学、行動変容

年度末の大仕事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2月も、3分の2が終わりました。
研究室では博士論文審査、修士論文最終提出、卒業論文提出を終え、あわただしい時期が過ぎ、静かに黙々と作業をするいつもの研究室の様子が戻ってきました。

 博論を終えた私は…と言いますと、年度末の大仕事である「研究報告書」の作成に追われています。また、気持ちと時間に若干の余裕がある今、少しでもできること(論文執筆や新職場への準備など)をやっておきたいと思っています。

 私が研究室のブログを更新するのは、今回で最後となります。思い起せば、私が修士課程に入学した際に、ちょうど竹中研究室のホームページが新しくなり、ブログを書くようになりました。時間が経つのは早いもので、ブログを見返してみるといろんなことがあったな~と感じます。研究室での残りの1か月を有意義に過ごして、新年度に臨みたいと思います。

(文責:D3 飯尾)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

学校ポジティブ教育で用いる児童用資料

検索