キーワード/健康行動、行動変容、アドヒアランス、身体活動・運動、メンタル・ヘルス、ストレス・マネジメント、保健指導、動機づけ
専門分野/専攻分野:健康心理学、応用健康科学、行動変容

竹中研究室のビッグニュースです!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

博士課程の斎藤です.

竹中研究室にとっての“ビッグ”ニュースです!!
内容は、“スモール”チェンジのことですが…

本日の朝日新聞さいたま版をご覧になっていただいた方,いらっしゃいますでしょうか?竹中先生と島崎君が中心にすすめている、ときがわ町の「スモールチェンジ」キャンペーンの紹介が記事として掲載されていました.まだ,ご覧になっていない竹中研究室関連の皆様、ぜひ、本日の朝日新聞さいたま版(P28)をご覧になってください.

今までも先生がときがわ町の取り組みをこのブログでも紹介されていましたが,今後もキャンペーンの取り組みに皆様ぜひご注目ください!

さて,学校では本日新入生のオリエンテーションが行われ,新しい年が始まります.先日卒業式も終わり,修了生が去り,新入生は1名.新しい年の研究室は少しさびしくなります.

個人的なことではありますが,私は,博士論文を提出できないまま,今期をもって満期退学という形で学生という身分に終止符をうつことになり,学生として本ブログに記事を書かせていただくのは本日最後になります.今まで記事を読んでいただき,ありがとうございました.

先日やっと博士論文提出のための規定をクリアでき,本年5月には博士論文を提出する予定です.竹中研究室の諸先輩方は,ほとんど3年で規定をクリアされており、私は異端児なのですが,先生を始め,先輩や後輩にたくさん助けられ,こうして竹中研究室の学生として終止符を打つ直前に規定がクリアできたことを大変嬉しく思っています.もちろん,これから博士論文を書き上げるまでは苦しい日々が続きますが,どうにか今度こそ,論文を提出したいと思っています.

このブログには,また違う姿で登場させていただくかもしれません…(^^).

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

以下の動画は,早稲田大学応用健康科学研究室(代表:竹中晃二)が製作したものです。イベントなどでお使いの場合は,その旨を明示してお使いください。

学校ポジティブ教育で用いる児童用資料

検索