キーワード/健康行動、行動変容、アドヒアランス、身体活動・運動、メンタル・ヘルス、ストレス・マネジメント、保健指導、動機づけ
専門分野/専攻分野:健康心理学、応用健康科学、行動変容

第9回研究会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本日の研究会は,来年度大学院進学を希望している4年生も参加しました。
毎年学外からの大学院入学者が多く,それぞれ大学生活の勝手が分からないことが多いです。学内の進学者が増えることで,研究内容の継続性などの点からもとてもありがたいです。
有望な4年生ですので,大いに期待しています。これから一緒にがんばっていきましょう。
さて,本日の発表内容です。

Rohr,C.I. et al.2006
Treatment and prevention practice in postmenopausal women after bone mineral density screening at a community-based osteoporosis project
担当:飯尾

Perri,G.M. et al.2002
Adherence to exercise prescriptions:effect of prescribing moderate versus higher levels of intensity and frequency
担当:満石

Toobert,D.J. et al.1991
Problem solving and diabetes self-care
担当:万行

<文責:藤澤>

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

学校ポジティブ教育で用いる児童用資料

検索