キーワード/健康行動、行動変容、アドヒアランス、身体活動・運動、メンタル・ヘルス、ストレス・マネジメント、保健指導、動機づけ
専門分野/専攻分野:健康心理学、応用健康科学、行動変容

第10回研究会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

梅雨のなか休みは今日までのようで、今日も蒸し暑いです。
洗濯には悩まされる時期です。

わたくし緑川は本日、発表日だったのですが、なかなか英語そして分析に慣れることができません。
焦って空回りで…もっと余裕をもって行動しなくてはと反省させられます。
皆さんに教わりながら学んでいきたいと思います。

本日の発表内容は以下の通りです。

Horne,P.J, Hardman,C.A, Lowe,C.F, Rowlands, A.V
Increasing children’s physical activity:a peer modeling, rewards and pedometer-based intervention
European Jouenal of Clinical Nutrion,2007 1-8
担当:堀内

Kohr J.M, Strack R.W, Newton-Ward M, Cooke C.H
The use of programme planning and social marketing models by a state public health agency:A case study
Public Health,2008 300-306
担当:緑川

Bull C.F, Kreuter W.M, Schaeff P.D
Effects of tailored, personalized and general health messages on physical activity
Patient Education and Counseling 36,1999,181-192
担当:前泊

Amrhein P.C, Miller W.R, Yahne C.E, Palmer M, Fulcher L
Client commitment language during motivational interviewing predicts dryg use outcomes
Journal of Consulting and Clinical Psychology 71(5)
担当:藤澤

Wen L.M, Orr N, Bindon J, Rissel C
Promoting active transport in a workplace setting:evaluation of a pilot study in Australia
Health Promotion International,2005,123-133
担当:竹中

(文責:緑川)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

学校ポジティブ教育で用いる児童用資料

検索