キーワード/健康行動、行動変容、アドヒアランス、身体活動・運動、メンタル・ヘルス、ストレス・マネジメント、保健指導、動機づけ
専門分野/専攻分野:健康心理学、応用健康科学、行動変容

12/04の研究会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水曜日の研究会の発表内容は以下の通りです。

竹中先生
Abraham, C. Mapping change mechanisms onto behavior change techniques: a systematic approach to promoting behavior change through text.

小沼
Sheeran, P. (2002). Intention-Behavior Relations: A conceptual and Empirical Review. European Review of Social Psychology, 12, 1-36.


Morris, J.G., Gorely, T., Sedgwick, M.J., Nevill, A., & Nevill, M.E. (2013). Effect of the Great Activity Programme on healthy lifestyle behaviours in 7–11 year olds. Journal of Sports Sciences, 31(12), 1280-1293.

進捗状況報告:
島崎、手島。

Last weekend, I participated in GCOE symposium, and I was the MC of the party…やったぞー!!
And thank Dr. Bao, we enjoy your ice cream very much!!

(文責:D2 Lee)
20131204_02

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

以下の動画は,早稲田大学応用健康科学研究室(代表:竹中晃二)が製作したものです。イベントなどでお使いの場合は,その旨を明示してお使いください。

学校ポジティブ教育で用いる児童用資料

検索