キーワード/健康行動、行動変容、アドヒアランス、身体活動・運動、メンタル・ヘルス、ストレス・マネジメント、保健指導、動機づけ
専門分野/専攻分野:健康心理学、応用健康科学、行動変容

飛び込むカモ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

研究会の内容です。

竹中先生
Handley et al.(2006). Using action plans to help primary care patients adopt healthy behaviors: A descriptive study. Journal of the American Board of Family Medicine, 19, 224-231.

島崎
Derose et al.(2014). Involving community stakeholders to increase park use and physical activity. Preventive Medicine, 64, 14-19.


Leary et al.(2013). Parental influence on 7-9 year old’s physical activity: A conceptual model. Preventive Medicine, 56, 341-344.

小沼
Hagger & Luszczynsk (2014). Implementation intention and action planning interventions in health contexts state of the research and proposals for the way forward. Applied Psychology: Health and Well-Being, 6, 1-47(前半).

さて,ここのところは,研究室で現在企画している「夫婦でスモールチェンジ」健康づくり介入の準備でバタバタしております。私個人としては,最近,運動不足解消のために,朝の時間で所沢キャンパス正門からフロンティアリサーチセンターまでおよそ15分,歩くようにしています。
たまに,大きなサギや,カルガモ,ヘビなど色々見ることができます(写真は大学の外プールです)。ちょっとした気分転換に...

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

学校ポジティブ教育で用いる児童用資料

検索