キーワード/健康行動、行動変容、アドヒアランス、身体活動・運動、メンタル・ヘルス、ストレス・マネジメント、保健指導、動機づけ
専門分野/専攻分野:健康心理学、応用健康科学、行動変容

ノーベル物理学賞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の方々がノーベル物理学賞を受賞したとのこと。

このタイトルにしておけば,このブログの閲覧数も増えるのではないかと…(笑)。

わたしも,自己満足におわらない研究にしたいなーとおもいます。

さて,本日の研究会についてご報告いたします。

竹中先生
Schmid KL, Rivers SE, Latimer AE, Salovey P. (2008).
Targeting or Tailoring? Maximizing Resources to Create Effective Health Communications.
Marketing health services, 28, 32-37.

島崎先生
Jibaja-Weiss ML, Volk RJ, Granchi TS, Neff NE, Robinson EK, Spann SJ, Aoki N, Friedman LC, Beck JR. (2011).
Entertainment education for breast cancer surgery decisions: a randomized trial among patients with low health literacy.
Patient Education and Counseling, 84, 41-48.


Eather N, Morgan PJ, Lubans DR. (2013).
Social support from teachers mediates physical activity behavior change children participating in the Fit-4-Fun intervention.
International Journal of Behavioral Nutrition and Physical Activity, 10:68.

小沼
van Mierlo ML, Schröder C, van Heugten CM, Post MW, de Kort PL, Visser-Meily JM. (2014).
The influence of psychological factors on Health-Related Quality of Life after stroke
: a systematic review.
International journal of stroke, 9, 341-348.

李さんの博論提出,沖縄での日本健康心理学会…とこれからもイベントたくさーんです。

楽しみましょう✩

(文責 D1 小沼)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

学校ポジティブ教育で用いる児童用資料

検索