キーワード/健康行動、行動変容、アドヒアランス、身体活動・運動、メンタル・ヘルス、ストレス・マネジメント、保健指導、動機づけ
専門分野/専攻分野:健康心理学、応用健康科学、行動変容

沖縄帰り。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。小沼佳代です。
日本健康心理学会第27回大会から戻ってまいりまして、昨日はいつもどおり研究会を行ったようです。
…と申しますのも、わたくし、沖縄最終日より体調を崩しまして、昨日の研究会はお休みいたしました。先生方には「遊びすぎ」と言われておりますが、私的には「知恵熱」だと思っております。。。すみません。

では、昨日の研究会についてご報告いたします。

竹中先生
Ghorai K, Akter S, Khatun F, Ray P.(2014).
mHealth for Smoking Cessation Programs: A Systematic Review.
Journal of Personalized Medicine, 4, 412-423.

島崎先生
Cooper CP, Roter DL, Langlieb AM.(2000).
Using entertainment television to build a context for prevention news stories.
Preventive medicine, 31, 225-231.

李さん
Staempfli MB.(2007).
Adolescent Playfulness, Stress Perception, Coping and Well Being.
Journal of Leisure Research, 39, 393-412.

少々バーンアウト気味ですが、来年の学会でもきちんと発表できるように、新規の研究を進めていきたいと思います。
ご指導のほど、よろしくお願いいたします。

(文責:D1 小沼)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

以下の動画は,早稲田大学応用健康科学研究室(代表:竹中晃二)が製作したものです。イベントなどでお使いの場合は,その旨を明示してお使いください。

学校ポジティブ教育で用いる児童用資料

検索