キーワード/健康行動、行動変容、アドヒアランス、身体活動・運動、メンタル・ヘルス、ストレス・マネジメント、保健指導、動機づけ
専門分野/専攻分野:健康心理学、応用健康科学、行動変容

ヘビも逃げ込む,寒い季節となりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

李さんが公開審査会を前に風邪を引いています。
一年間の疲労もたまり,かつ忙しい師走をむかえますので,皆様,ご自愛ください。本日の研究会の内容です

竹中先生
Okimoto et al. (2000). Playfulness in children with and without disability: Measurement and intervention. American Journal of Occupational Therapy, 54, 73-82.

島崎
Ayala et al. (in press). Evidence supporting a promotra-delivered entertainment education intervention for improving mother’s dietary intake: The entre familia: Reflejos de salud study. Journal of Health Communication

小沼
Tielemans et al. (2014). Study protocol of the Restore4Stroke self-management study: A multicenter randomized controlled trial in stroke petients and their partners. International Journal of stroke, 9, 818-823.

最近,リサーチセンターのまわり,とにかく寒いです。小手指駅と私たちのリサーチセンターでも2℃くらい違う気がします。リサーチセンターは,自然の中に建てさせてもらっているわけですが,あまりの寒さにヘビも室内に入ってきています。自然と共存するというのは大変なことなのだと痛感します。

早稲田大学所沢キャンパス(人科,スポ科)も来週あたりから博士論文の公開審査会がたくさん始まります。昨年は大変でしたが,今年は安心して幾つか勉強がてら見に行こうかなと思っています。

(文責:助手 島崎)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

学校ポジティブ教育で用いる児童用資料

検索