キーワード/健康行動、行動変容、アドヒアランス、身体活動・運動、メンタル・ヘルス、ストレス・マネジメント、保健指導、動機づけ
専門分野/専攻分野:健康心理学、応用健康科学、行動変容

梅雨入り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは,鈴木です.

本日の研究会の報告をいたします.

竹中先生:
Jansen, J.D., King, A.J. Carcioppollo, N. & Davis, L. (2012).
Why are tailoed messages more effective? A multiple medication analysis of a breast cancer screening intervention.
Journal of Communication, doi:10.1111/j.1460-2466.2012.01668.x

島崎先生:
Noar, S. M. (2012).
An audience-channel-message-evaluation(ACME) framework for health communication campaigns.
Health Promotion Practice, 13, 481-488.

小沼さん:
English, ., Manns, P. J., Tucak, C., Bernhardt, J. (2014).
Physical Activity and Sedentary Behaviors in People With Stroke Living in the Community:A Systematic Review.
Physical therapy, 94, 185-196.

とうとう梅雨がやってきてしまいました.
梅雨というとじめじめしていてあまりいいイメージがありませんが,
すくすく育っている家の野菜を見ていると,植物には嬉しい季節なんだろうなぁと思います.

写真は授業などの拠点となる100号館から研究室のある110号館に向かう道のものです.
名前も知らず,今までは特に気にならなかった草の群れですが,
背が伸びたせいか,ものすごい存在感で思わず立ち止まってしまいました.
もうすぐ追い抜かれそうです.

梅雨に入り体調も崩しやすくなると思うので,皆さまどうぞご自愛ください.

(文責:事務 鈴木)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

学校ポジティブ教育で用いる児童用資料

検索