キーワード/健康行動、行動変容、アドヒアランス、身体活動・運動、メンタル・ヘルス、ストレス・マネジメント、保健指導、動機づけ
専門分野/専攻分野:健康心理学、応用健康科学、行動変容

第14回研究会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所沢キャンパスにも金木犀の甘い香りが漂い始めました。
心なしかケヤキも色づき始めているようです。

【本日のトピックス】

Burke, L. E., Dunbar-Jacob, J., Orchard, T. J. and Sereika, S. M.(2005)
Improving adherence to a cholesterol-lowering diet: A behavioral intervention study.
Patient Education and Counseling, 57, 134-142.
—藤澤

Prince, S. M., Huhman, M., and Potter, L. D.(2008)
Influencing the parents of children aged 9-13 years: Finding from the VERB campaign.
American Journal of Preventive Medicine, 34(6S),S267-S274.
—堀内

Patricia, C.(2002)
Improving oral health care for the frail eldery: A review of widespread problems and best practices.
Geriatric Nursing, 23, 189-199.
—緑川

O’neill, S. A. and McPherson G. E.(2002)
The developing musician: chapter 3 Motivation.
Parcutt, R. and McPherson, G.E.(Eds.)
The science and psychology of music performance: Creative strategy for teaching and learning. pp.31-46.
—大場

Ornish, D., Lin, J., Daubenmier,J., Weindner, G., Epel, E. and Kemp, C.(2008)
Nutrition and lifestyle changes in patients with previously untreated stage 1 or stage 2 prostate cancer.
National Cancer Institute
—張

(文責・大場)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

以下の動画は,早稲田大学応用健康科学研究室(代表:竹中晃二)が製作したものです。イベントなどでお使いの場合は,その旨を明示してお使いください。

学校ポジティブ教育で用いる児童用資料

検索