キーワード/健康行動、行動変容、アドヒアランス、身体活動・運動、メンタル・ヘルス、ストレス・マネジメント、保健指導、動機づけ
専門分野/専攻分野:健康心理学、応用健康科学、行動変容

7月9日研究会報告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

7月9日の研究会の内容について報告します。

竹中先生
BAcPAc A study for people with depression or low mood BAcPAc training manual for psychological wellbeing practitioners delivering the BAcPAc intervention.

島崎
Gillmore MR, Morrison DM, Richey CA, Balassone ML, Gutierrez L, Farris M. (1997). Effects of a skill-based intervention to encourage condom use among high risk heterosexually active adolescents. AIDS Education and Prevention, 9 (Suppl A), 22-43.
Toroyan T, Reddy PS. (1997). Participation of South African youth in the design and development of AIDS photocomics. International Quarterly of Community Health Education, 17 (2), 131-146.

小沼
Scobbie L, Duncan EA, Brady MC, Wyke S. (2015). Goal setting practice in services delivering community-based stroke rehabilitation: a United Kingdom (UK) wide survey. Disability and Rehabilitation, 37, 1291-1298.

4年生,そろそろ卒論に向けて動き出しています。今年は就職活動の時期も例年より遅くなり,皆危機感をもってテーマを固めていっているようです。毎年のことですが,卒論に限らず研究はテーマを固めるのが一番大変で,一番大切な部分で,ゼミ前後の時間を使って少しずつやりとりをしています。良い「問い」を持っている学生も多いので,うまくアシストすることができれば良いなと思っています。頑張れ4年生!

(文責:助手 島崎)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

学校ポジティブ教育で用いる児童用資料

検索