キーワード/健康行動、行動変容、アドヒアランス、身体活動・運動、メンタル・ヘルス、ストレス・マネジメント、保健指導、動機づけ
専門分野/専攻分野:健康心理学、応用健康科学、行動変容

転倒予防新聞製作中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本日の研究会の内容です。

竹中先生
Evans (2011) Public health branding research: Case studies and future agenda. Case Preceedings in Public Health Communication & Marketing, 5, 48-71.

島崎
Lally et al. (2011) Experience of habit formation: A qualitative study. Psychology, Health & Medicine, 16, 484-489.

小沼
Belanger-Gravel et al. (2013) A meta-analytic review of the effect of implementation intentions on physical activity. Health Psychology Review, 7, 23-54.

今年も卒論シーズンなわけですが,頑張って進める人もいれば、何人かは良いアイディアを持ちながらもなかなかエンジンがかからない歯がゆい状態でもあったりします。
とある学生の発想で作成が始まっている前期高齢者を対象とした転倒予防新聞,良いアイディアで内容も面白いのになかなか進まない...

4年生も卒論のための行動変容で,極限まで追い込まれて無理やりビックチェンジをするのではなく,自分自身で動機づけを高め,今までの授業,就活,バイト,遊びの日常生活をスモールチェンジしてコツコツ頑張っていってほしいなとおもいます。グチではないですよ。期待です!

(文責:助手 島崎)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

以下の動画は,早稲田大学応用健康科学研究室(代表:竹中晃二)が製作したものです。イベントなどでお使いの場合は,その旨を明示してお使いください。

学校ポジティブ教育で用いる児童用資料

検索