キーワード/健康行動、行動変容、アドヒアランス、身体活動・運動、メンタル・ヘルス、ストレス・マネジメント、保健指導、動機づけ
専門分野/専攻分野:健康心理学、応用健康科学、行動変容

昨日は協会けんぽ報告会でした。2016年5月18日 研究会報告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本日の研究会の内容です。

島崎
Leiner,et al.(2004). Patient communication: A multidisciplinary approach using animated cartoons. Health Education Research, 19(5), 591-595.

小沼
博士論文進捗

小松沢
Murtezani, et al. (2014). The effect of aerobic exercise on quality of life among breast cancer survivors: A randomized controlled trial. Journal of Cancer Research and Therapeutics, 10(3), 658-664.

昨日は,全国健康保険協会岩手支部と共同でおこなっている,企業におけるこころとからだの健康増進介入の結果報告があり,私たちの研究室がコミットしている実践について,岩手支部の千葉小香枝保健師が報告を行いました。大掛かりな実践でしたが,今後は趣旨に賛同する(健康宣言する)企業を増やすようにこの事業結果を普及させていくと意気込んでおられました。現場で働く保健師さんにとっては苦労された面も多かったと思いますが,それなりの成果も出て,今後も発展させていきたいと意気込んでおられました。

(文責:助手 島崎)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

以下の動画は,早稲田大学応用健康科学研究室(代表:竹中晃二)が製作したものです。イベントなどでお使いの場合は,その旨を明示してお使いください。

学校ポジティブ教育で用いる児童用資料

検索