キーワード/健康行動、行動変容、アドヒアランス、身体活動・運動、メンタル・ヘルス、ストレス・マネジメント、保健指導、動機づけ
専門分野/専攻分野:健康心理学、応用健康科学、行動変容

第30回ヨーロッパ健康心理学会議に参加しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。小沼です。
先生がすでに書かれていますが、8月23日~27日に開催されたヨーロッパ健康心理学会議(EHPS)に参加してきました。

今回は、発表もシンポジウムも、行動変容技法(BCTs)の分類を用いているものが多かったです。

「同一の内容の行動変容技法が様々な名称で呼ばれているために、メタアナリシスが困難になっている」とし、University College LondonのMichie先生たちのグループが、BCT Taxonomy (v1): 93 hierarchically-clustered techniquesをまとめました。
ここまでは、論文で読んでいたのですが、、、

今回のMichie先生たちのシンポジウムでは、
「行動変容技法(BCTs)⇒Mechanisms of Action(MoAs)⇒Behaviour」
という関係が強調されていました。

わたしは、BCTsとMoAsの違いがよくわかっていませんが、詳しくは、下記論文に書いてありそうです。
Michie. et al.(2016). From Theory-Inspired to Theory-Based Interventions: A Protocol for Developing and Testing a Methodology for Linking Behaviour Change Techniques to Theoretical Mechanisms of Action. Annals of Behavioral Medicine, 1-12, DOI: 10.1007/s12160-016-9816-6

ACHP、ICP、EHPSと走りぬけてきました。
あと残っている研究室のイベントは、9月10日のe-school生のスクーリングと、9月25日からのゼミ合宿くらいでしょうか。

博論提出まで、1ヵ月と17日。。。がんばります。

(文責:D3 小沼)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

学校ポジティブ教育で用いる児童用資料

検索