キーワード/健康行動、行動変容、アドヒアランス、身体活動・運動、メンタル・ヘルス、ストレス・マネジメント、保健指導、動機づけ
専門分野/専攻分野:健康心理学、応用健康科学、行動変容

御無沙汰もうしあげております…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。D3の小沼です。
研究会は開始されていたのですが、すっかり更新を忘れていました。
すみません。

10月5日の研究会について、ご報告いたします。

竹中先生:Seligman, M. E. P., et al.(2009). Positive education: Positive psychology and classroom interventions. Oxford Review of Education, 35, 293-311.

島崎さん:研究進捗,マルチレベル分析について

小松沢さん:Cormiol, C., et al.(2014). Psychological well-being and posttraumatic grouth in caregivers of cancer patients. Frontiers in Psychology, doi: 10.3389/fpsyg.2014.01342.

小沼:研究進捗

来週月曜日が博士論文の提出期限なのです。ご協力いただいたみなさんに報告できるよう頑張らなくては。
夏休みの宿題は早々に終わらせる子だったのに、いつからこんなにギリギリにならないと頑張れないようになってしまったのでしょう。反省。
もう、机の上だけでなく、横の棚(共用)も足元も文献と調査票だらけで大変です。どうなることやら…。

(文責:D3 小沼)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

学校ポジティブ教育で用いる児童用資料

検索