キーワード/健康行動、行動変容、アドヒアランス、身体活動・運動、メンタル・ヘルス、ストレス・マネジメント、保健指導、動機づけ
専門分野/専攻分野:健康心理学、応用健康科学、行動変容

修士論文公開審査会・口頭試問

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日の午後,竹中研の修士過程2年生二人にとって大きな山場の一つ,公開審査会・口頭試問が控えています。

大学院生は学生ではありますが“研究者”でもあります。
指導教官の指導を仰ぎ,研究室の先輩や仲間の助けを借りながら,研究計画を立て,その研究を論文という形にするまでの過程を経験します。

すでに,1月15日に修士論文を提出し終えて,今日の審査会・口頭試問に備えてきた二人もまた立派な研究者であり,それぞれの研究についてはエキスパートです。
2年間にわたって取り組んできた自らの研究の総まとめ,晴れ舞台を存分に味わってもらいたいと思います。

とはいえ,二人はかなり緊張しているようで,晴れ舞台を“楽しむ”には程遠い様子のようですが…。
(文責:大場)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

以下の動画は,早稲田大学応用健康科学研究室(代表:竹中晃二)が製作したものです。イベントなどでお使いの場合は,その旨を明示してお使いください。

学校ポジティブ教育で用いる児童用資料

検索