キーワード/健康行動、行動変容、アドヒアランス、身体活動・運動、メンタル・ヘルス、ストレス・マネジメント、保健指導、動機づけ
専門分野/専攻分野:健康心理学、応用健康科学、行動変容

もうすぐ早稲田大学での生活も終わり。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先週土曜日は,人間科学部の一般入試でした。
一般入試の後には,健康福祉科学科で退職される先生方・助手の送別会を催していただきました。
私(島崎)は3年の任期付助手として早稲田大学でお勤めさせていただきましたが,いよいよ残すところも後の大きな校務は卒業式のみとなりました。

最近はメディアでも取り上げられる機会が増えましたが,我々のような博士号を取得した後の仕事,いわゆるポスドクの仕事というのはほとんが任期付であり,その任期付の職でさえも得るのが難しい時代です。悲しいことですが,博士号をとって研究を仕事にしたいと相談してくれる後輩たちに「おう、頑張ってみろよ!」とお世辞にも言うことができない歯がゆい部分も多いです。この3年間は,苦楽を共にした同期の同僚と一緒に厳しい現実をまざまざと見せつけられたような気がします。

まだあと1ヶ月は研究室にいます。あとは時間との戦いですが,研究室でやっきた研究は,少しでも多くのものを論文化してから退職したいと思っているので,あまり感傷に浸るいとまもなく,それなりに忙しく過ごしています。

ラストスパート,一層気持ちを入れてやっていきたいと思います。

(文責:助手 島崎)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

以下の動画は,早稲田大学応用健康科学研究室(代表:竹中晃二)が製作したものです。イベントなどでお使いの場合は,その旨を明示してお使いください。

学校ポジティブ教育で用いる児童用資料

検索