キーワード/健康行動、行動変容、アドヒアランス、身体活動・運動、メンタル・ヘルス、ストレス・マネジメント、保健指導、動機づけ
専門分野/専攻分野:健康心理学、応用健康科学、行動変容

5月23日 研究会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。M1の梶原です。
竹中研では研究会の初めに今週嬉しかったことを報告するのですが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか。
気をつけて過ごしてみると案外見つかるものです。
さて今週発表した論文は以下の通りです。

竹中先生
Ciro, C. A., & Smith, P. (2015).
Improving personal characterization of meaningful activity in adults with chronic conditions living in a low-income housing community.
International journal of environmental research and public health, 12(9), 11379-11395.

小松沢さん
Manne, S., Myers-Virtue, S., Kashy, D., Ozga, M., Kissane, D., Heckman, C., … & Rosenblum, N. (2015).
Resilience, positive coping, and quality of life among women newly diagnosed with gynecological cancers.
Cancer nursing, 38(5), 375.

吉田さん
Rodebaugh, T. L., Heimberg, R. G., Schultz, L. T., & Blackmore, M. (2010).
The moderated effects of video feedback for social anxiety disorder.
Journal of anxiety disorders, 24(7), 663-671.

梶原
Morris, M. E., Kathawala, Q., Leen, T. K., Gorenstein, E. E., Guilak, F., Labhard, M., & Deleeuw, W. (2010).
Mobile therapy: case study evaluations of a cell phone application for emotional self-awareness.
Journal of medical Internet research, 12(2).

全員が日本健康心理学会に無事抄録を提出でき、一安心の研究会でした。
データの打ち込み作業も本格的にスタートしました。
今日で一つ区切りがつくことを願っています…

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

以下の動画は,早稲田大学応用健康科学研究室(代表:竹中晃二)が製作したものです。イベントなどでお使いの場合は,その旨を明示してお使いください。

学校ポジティブ教育で用いる児童用資料

検索