キーワード/健康行動、行動変容、アドヒアランス、身体活動・運動、メンタル・ヘルス、ストレス・マネジメント、保健指導、動機づけ
専門分野/専攻分野:健康心理学、応用健康科学、行動変容

6月21日研究会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。M1の梶原です。
関東は大雨です。研究室が生協のある棟から遠いので、買い物に行くのも面倒な1日でした。
晴れているとちょうど良い気分転換になる距離なのですが…
さて今日の研究会は以下の通りです。

竹中先生:IoT機器を用いた健康支援システムの効果検証についての研究計画

小松沢さん:Taku, K., Cann, A., Tedeschi, R. G., & Calhoun, L. G. (2015).
Core beliefs shaken by an earthquake correlate with posttraumatic growth. Psychol Trauma, 7(6), 563-9.

吉田さん:Shih-hsien, Y. A. N. G. (2012).
Exploring college students’ attitudes and self-efficacy of mobile learning. TOJET: The Turkish Online Journal of Educational Technology, 11(4).

梶原:Just In Time Adaptive Interventionのモデルについての概要説明

竹中研では研究計画の提出や抄録提出が差し迫っていて、てんやわんやしています。
気温の差も激しい日々ですので、皆さんもお体に気をつけてお過ごしください。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

学校ポジティブ教育で用いる児童用資料

検索