キーワード/健康行動、行動変容、アドヒアランス、身体活動・運動、メンタル・ヘルス、ストレス・マネジメント、保健指導、動機づけ
専門分野/専攻分野:健康心理学、応用健康科学、行動変容

前期最後の研究会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。M1の梶原です。
研究室のエアコンが不調で暑い1日でした。
早くなおりますように!!!!!

研究棟の前に見える緑豊かな土地ではヘイケボタルが見られるらしいのですが、
どこから入ればお目にかかれるのかわからず、ちょっと悔しい今日です。

さて、前期最後の研究会は以下の通りでした。

竹中先生
Layous, K., Chancellor, J., & Lyubomirsky, S. (2014).
Positive activities as protective factors against mental health conditions. Journal of Abnormal Psychology, 123(1), 3.

小松沢さん
Romeo, A., Ghiggia, A., Tesio, V., Di Tella, M., Torta, R., & Castelli, L. (2017).
Post-traumatic growth, distress and attachment style among women with breast cancer. Journal of Psychosocial Oncology, 35(3), 309-322.

吉田さん
Zandara, M., Garcia-Lluch, M., Pulopulos, M. M., Hidalgo, V., Villada, C., & Salvador, A. (2016).
Acute stress and working memory: The role of sex and cognitive stress appraisal. Physiology & behavior, 164, 336-344.

梶原
Wahlbeck, K. (2015).
Public mental health: the time is ripe for translation of evidence into practice. World Psychiatry, 14(1), 36-42.

大学はもうそろそろ夏休みに入ります。
みなさんのご予定はいかがでしょうか。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

学校ポジティブ教育で用いる児童用資料

検索