キーワード/健康行動、行動変容、アドヒアランス、身体活動・運動、メンタル・ヘルス、ストレス・マネジメント、保健指導、動機づけ
専門分野/専攻分野:健康心理学、応用健康科学、行動変容

教授が転倒?!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

初日は、竹中先生・永島先生はスキーを、院生4人はスノーボードをやりました。
ご存知の方もおられるかと思いますが、竹中先生はスキーの指導員です。また、院生の堀内さんはスノーボードのインストラクターです。永島先生はスキー経験者です。院生3人は初スノーボードということで、狭山スキー場で、堀内大先生の指導のもと、2回練習をして、白馬にのぞみました。

この記事を書いている飯尾は、節々が悲鳴をあげており、もしかしたら仙骨が骨折もしくはヒビが……と思うほど痛いです(泣)でも安静しか治療法がありませんので、我慢我慢です。

二日目は、永島先生がスノーボードに初挑戦!堀内大先生から手厚い指導を受け、みんな、滑れるようになりました!

写真には、永島先生が転倒した様子を、左奥では竹中先生と『ルマメーウ』のマスターがみています。
教授が転倒する様子はなかなか見れません。貴重な1枚です。ちなみに、竹中先生はスノーボードは断固拒否していましたが(笑)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

以下の動画は,早稲田大学応用健康科学研究室(代表:竹中晃二)が製作したものです。イベントなどでお使いの場合は,その旨を明示してお使いください。

学校ポジティブ教育で用いる児童用資料

検索