キーワード/健康行動、行動変容、アドヒアランス、身体活動・運動、メンタル・ヘルス、ストレス・マネジメント、保健指導、動機づけ
専門分野/専攻分野:健康心理学、応用健康科学、行動変容

GWが明けて…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大型連休が終わり、大学では新型インフルエンザ対策を施して、昨日から授業が再開しています。

行動変容にまつわるおもしろい記事を見つけたので、ご紹介します。

行動変容の理論(社会的認知理論)の要素に『報酬』があります。
また、『どんな行動ももともと「続かない」ことを前提』としてアプローチをする、と竹中先生から教わりました。
この『報酬』と『続かないのが当たり前』とする行動変容の考え方が脳科学的にも証明されているそうです。
おもしろいな~と思いながらこの記事を読み、脳と行動変容の繋がりに興味が湧きました。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20090413-00000301-president-bus_all

(文責:飯尾)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

学校ポジティブ教育で用いる児童用資料

検索