キーワード/健康行動、行動変容、アドヒアランス、身体活動・運動、メンタル・ヘルス、ストレス・マネジメント、保健指導、動機づけ
専門分野/専攻分野:健康心理学、応用健康科学、行動変容

来訪者

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フロンティアリサーチセンターにウグイスをはじめとした鳥のさえずりが聞こえる中,今日は研究会が開かれました.
研究会はいつも緊張感が漂いますが,そんな中でも質疑応答は活発です.
人数も増えて,以前より質問数は確実に増えたように思います.

竹中研究室は,ソフトボール大会の余韻がまだ残っています.
研究室の中では,細井さんの一眼レフカメラによる写真を研究室の誰かが見ては,笑顔がこぼれています.

16日(土)は,ソフトボールで2試合に勝利した後,もう1つ嬉しい出来事がありました.
卒業生が,研究室へ遊びに来てくれました.
私の修士の同級生であった前泊くんは,髪型はいくぶん社会人らしく大人になっていましたが,彼らしさはそのままで,とても嬉しくなりました.

(文責:堀内)

20090520

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

以下の動画は,早稲田大学応用健康科学研究室(代表:竹中晃二)が製作したものです。イベントなどでお使いの場合は,その旨を明示してお使いください。

学校ポジティブ教育で用いる児童用資料

検索