キーワード/健康行動、行動変容、アドヒアランス、身体活動・運動、メンタル・ヘルス、ストレス・マネジメント、保健指導、動機づけ
専門分野/専攻分野:健康心理学、応用健康科学、行動変容

11/7研究会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

科目等履修生の吉田です。
フロンティアリサーチセンター前の木々が赤や黄色に染まり、秋模様です。
本日の研究会は以下のような内容でした。

竹中先生
Toli, A., Webb, T. L., & Hardy, G. E. (2016). Does forming implementation intentions help people with mental health problems to achieve goals? A meta‐analysis of experimental studies with clinical and analogue samples. British Journal of Clinical Psychology, 55(1), 69-90.

Grosse Holtforth M., Wyss, T., Schulte, D., Trachsel, M., Michalak, J.,(2009). Some like it specific: the difference between treatment goals of anxious and depressed patients. psychology and psychotherapy: Theory, Research and Practice, 82, 279-290.

D1 渡辺さん
博論計画発表

M2 梶原さん
Kuhlman, S. T., Walch, S. E., Bauer, K. N., & Glenn, A. D. (2017). Intention to enact and enactment of gatekeeper behaviors for suicide prevention: an application of the theory of planned behavior. Prevention science, 18(6), 704-715.

M1 ウェイリンさん
Yardley, L., Morrison, L., Bradbury, K., & Muller, I. (2015). The person-based approach to intervention development: application to digital health-related behavior change interventions. Journal of medical Internet research, 17(1).

M1 太田さん
Rodríguez-Fernández, A., Ramos-Díaz, E., Fernández-Zabala, A., Goni, E., Esnaola, I., & Goni, A. (2016). Contextual and psychological variables in a descriptive model of subjective well-being and school engagement. International Journal of Clinical and Health Psychology, 16(2), 166-174.

M1 高木さん
Hu, W., Grbich, C., & Kemp, A. (2007). Parental food allergy information needs: a qualitative study. Archives of disease in childhood.

科目等履修生 吉田
Davidson, T. M., McGillicuddy, J., Mueller, M., Brunner-Jackson, B., Favella, A., Anderson, A., … & Treiber, F. A. (2015). Evaluation of an mHealth medication regimen self-management program for African American and Hispanic uncontrolled hypertensives. Journal of personalized medicine, 5(4), 389-405.

写真は、水曜日だけ大学で販売されるローストビーフです。101号館の近くで販売される上に、人気メニューなので、研究会後すぐに買いに行かないと売り切れてしまいます・・・(切実)。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

以下の動画は,早稲田大学応用健康科学研究室(代表:竹中晃二)が製作したものです。イベントなどでお使いの場合は,その旨を明示してお使いください。

学校ポジティブ教育で用いる児童用資料

検索