キーワード/健康行動、行動変容、アドヒアランス、身体活動・運動、メンタル・ヘルス、ストレス・マネジメント、保健指導、動機づけ
専門分野/専攻分野:健康心理学、応用健康科学、行動変容

新年度1発目!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さん、お久しぶりです! M2のウェイリンです。今年もどうぞよろしくお願いします!

今日は研究室に新メンバーが登場しました。一人目は助教の松井先生です。そしてもう一人は史上最年少の院生とも言われる、私の娘Erinちゃんです(笑) 少しでも研究室の雰囲気をよくできればと思います!Erinも皆さんを癒せるよう頑張っていきます~

では、今年初めての研究会の内容ですが、以下のようになります:

竹中先生: オリエンテーション;論文「メンタルヘルス問題の予防に果たす自助方略の役割」の共有

松井先生: 自己紹介と今年の目標

渡辺さん(D2): 博論計画「地域包括ケアにおける高齢者と介護従業者の行動変容型介入プログラムの開発」

吉田さん(D1): 博論計画「高血圧者の生活習慣改善を促す個別化行動変容アプリの開発および効果検証」

高木さん(M2): 修論計画「食物アレルギー児の親を対象とした養育ストレスマネージメント」

太田さん(M2): 進捗報告「児童を対象とした「強み」介入」

ウェイリン(M2): 進捗報告 Health Promotion Programme for Tertiary Music Students in Singapore: A pilot study

以上でした。研究会のとき眠くてちょっと暴れていたErinちゃんは今反省中ですm-_-m。来週の金曜日にやっと4か月になりますが、もっとおとなしくなりますかな?この子の成長が楽しみです!研究室の皆さんからかわいがってもらってとても幸せです~

では、今年も竹中研究室は活躍すると思いますので、お楽しみください!

ウェイリン

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

以下の動画は,早稲田大学応用健康科学研究室(代表:竹中晃二)が製作したものです。イベントなどでお使いの場合は,その旨を明示してお使いください。

学校ポジティブ教育で用いる児童用資料

検索